チャンピックスのメリット

禁煙に挑むなら、禁煙補助薬のチャンピックスをお勧めします。飲みやすく、成分にニコチンを含んでおりません。また健康保険適用ですので、費用の負担を軽減する事ができます。是非、お試しください。

チャンピックスでしっかり禁煙

「禁煙したいけれど、これまで何度も失敗した」という方は多いことでしょう。そんな方にも禁煙成功率が高いと評判なのが、チャンピックスという禁煙補助薬です。チャンピックスが他の禁煙補助薬とどう違うのか、なぜ成功率が高いのかをご説明します。まず、タバコを吸うと、ニコチンが脳内のニコチン受容体という部分に結合して、快感を生じさせる物質(ドパミン)が放出され「美味しい」と感じます。ニコチンガムやニコチンパッチなどニコチンを含有する禁煙補助薬は、タバコの代わりにニコチンを補充してイライラなどの症状を抑え、量を減らしていくことによって最終的な禁煙を目指しています。それに対しチャンピックスはニコチン非含有であり、主成分がニコチン受容体に結合してニコチンの場合より少量のドパミンを放出させて、イライラなどのニコチン切れ症状を抑えます。また同時に、ニコチンが受容体に結合するのを邪魔して、禁煙中にタバコを吸ってしまったときの「美味しい」という満足感を感じにくくすることもチャンピックスの特徴です。禁煙を開始する1週間前から0.5mg錠を1日1回服用しはじめ、4日目から0.5mg錠を1日2回と徐々に服用量を増やしていきます。はじめの1週間はタバコを吸ってもかまいませんが、8日目から禁煙を開始します。服用量も1mg錠を1日2回へと増量し、途中で禁煙が成功したと思っても中断せず、約3ヶ月を目安に服用を続けます。このように、チャンピックスはニコチン以外の成分でニコチンの禁断症状を抑え、同時に喫煙による満足感を得られにくくして禁煙を促すという2つの効果を持つため、禁煙成功率が高いと言われています。これまで禁煙を断念した方も、チャンピックスでしっかり禁煙してみませんか。

チャンピックスは健康保険適用

チャンピックスはバレニクリンを有効成分にした、ニコチンを使わない禁煙補助剤です。バレニクリンがニコチン受容体に結合することで、タバコを吸った時に満足感を得られないようにした飲み薬で、12週間の禁煙治療を正しく行うと、成功率は5割以上と言われています。このチャンピックスは医師の処方薬となっており、従来のニコチン置換療法で使う治療薬のように、近くのドラッグストアなどでは購入することができません。購入には医療機関で禁煙治療を受ける必要があり、医師が必要と判断した時のみ処方されるようになっています。禁煙外来は公的な医療制度が使用できるので、治療費の負担額が3割で済む健康保険が適用されます。禁煙外来では診察料、ニコチン管理料、処方箋料、チャンピックスの薬代とありますが、その全てに健康保険が使用でき、12週間の間の治療代の全てが3割の負担だけで済むというものです。ただし、健康保険が適応されるのはいくつかの条件が定まっており、ニコチン依存症のテストで5点以上を取ること、年間の喫煙本数が一定以上であること、その他の要件を満たすと可能となります。前回の治療で保険を使って治療を受けた場合、再喫煙して次に保険を使った治療を受ける場合は前回の治療から1年以上経過していないと、保険再算定が認められないため、何度も受けることはできなくなります。また、健康保険を使用して禁煙の治療ができる病院にも、いくつかの条件が必要となっているので、全ての病院で保険が使えるというわけではないので注意しましょう。保険を使用せずに自由診療で治療を受けた場合は、12週間で64,000円前後の費用がかかりますが、保険が適用されると19,000円前後と安くなるので、これから禁煙をしようと考える人は、まず健康保険を使った治療ができる病院であるか確認してから受けると良いでしょう。

チャンピックスは個人輸入ならば処方箋いらず

禁煙をするにはタバコを止める必要がありますが、ニコチン依存症は麻薬のようなものと言われ、簡単にタバコから離れることはできません。そこでニコチンから離れることができるように開発されたのが禁煙補助剤で、従来はニコチンを代わりに補給することでタバコへの欲求を抑えるものでしたが、その後に開発されたチャンピックスはニコチンを一切使用せずに、禁煙が成功する飲み薬となっています。チャンピックスは医師の処方薬となっているので、購入するには医療機関でニコチン依存症と診断され、禁煙を開始することが条件となります。禁煙治療は健康保険が適用されることも多く、治療費の負担額が3割で済むこともありますが、条件が合わない場合は自由診療として全額負担になることもあります。実費で購入するとチャンピックスは非常に高価となり、3ヶ月分の処方で40,000円以上の料金となり、さらに処方箋の代金がプラスとなります。処方箋は医師や病院が責任を持って販売する証明書のようなものであり、日本では処方箋がないと医薬品を購入することはできません。そのため、チャンピックスは処方箋が必須となりますが、個人輸入で購入する場合は海外からの取り寄せとなるため、日本の医療制度が適用されず処方箋が不要となっています。個人輸入では健康保険が使えませんが、病院で医薬品を自由診療で購入するよりも安く買うことができることもあり、保険が適用されない治療薬を購入する人の多くは個人輸入を利用しています。薬事法についても個人輸入は個人で使用する範囲内であれば認められるので、違法にはならずに合法的な入手ができます。処方箋は医師の診察を受けなければ出されないので、個人輸入ならば処方箋だけでなく診察も不要となって無駄を省いた購入が可能です。

■チャンピックスのメリットに魅力を感じたなら是非使ってみましょう!
チャンピックスの通販はこちら