禁煙に挑むなら、禁煙補助薬のチャンピックスをお勧めします。飲みやすく、成分にニコチンを含んでおりません。また健康保険適用ですので、費用の負担を軽減する事ができます。是非、お試しください。

タバコは部屋も汚く、チャンピックスで禁煙は値段も得

喫煙者はタバコ代がかかりますが、そのほかにも出費が重なります。例えば住んでいる部屋の問題です。部屋の中でタバコを吸うと部屋中がタバコ臭くなりますが、それだけではなく壁にヤニがつきます。ヤニで黄ばんでしまうと見た目が汚いですから頻繁に清掃費や消臭剤のお金がかかりますし、もし賃貸で借りている部屋なら出る時に新しくする費用を自己負担しなくてはいけなくなります。また、壁にヤニがあると室内のホコリがついてしまい、それでカビが生えたりします。部屋は汚れるし健康にもよくないですから、早く禁煙することが必要です。部屋がヤニで黄ばんでいるような人は1日に吸う本数も多いと考えられますが、喫煙年数×喫煙本数が一定以上などいくつかの条件をクリアする人は、病院の禁煙外来で保険で治療を受けることができます。その場合よく使われるのがチャンピックスという飲み薬です。医師の指導のもと、チャンピックスを計画的に服用していくことで、高い確率で禁煙することができます。「もし保険が適用されるとしても、病院で何か月も治療を受けると値段が高額なのではないか」とよく言われますが、タバコの値段と比較してみますと、3割負担の保険でチャンピックスを使うことができる12週の値段が20000円以下、それに対して400円のタバコを1日1箱吸うとして12週で33600円もかかります。これは1日に1箱で計算したもので、病院へ禁煙の治療に来る人、かつ保険の適用になる人は1日の本数がさらに多いと考えられます。2箱なら2倍かかります。このように値段の面から考えても、タバコを買い続けるよりも禁煙してしまった方が断然得という事ができます。部屋が汚れてしまったり、健康を害するというマイナス面も多いですので、早く禁煙治療を始めることです。