禁煙に挑むなら、禁煙補助薬のチャンピックスをお勧めします。飲みやすく、成分にニコチンを含んでおりません。また健康保険適用ですので、費用の負担を軽減する事ができます。是非、お試しください。

チャンピックスの消費量と禁煙予定

チャンピックスは飲む禁煙薬とも言われ、ニコチンを一切使用しない禁煙補助剤です。医師の処方薬となっているので、従来のニコン置換療法に使われるガムやパッチのような市販品とは異なり、病院か個人輸入によるネット通販でしか購入することができません。禁煙治療は健康保険が適応されるため、チャンピックスを使った禁煙を始めたいと考える人は、禁煙外来で医師に診察を受けると良いでしょう。もしも、保険適応外の病院であったり、診察によって保険がきかないと判断された場合は、個人輸入を使用すると薬代が安く済みます。チャンピックスの使用は、禁煙予定日から1週間前に服用を始め、タバコを吸いながら薬の成分を体に馴染ませるようにします。病院で処方してもらった場合は、飲む順番が書かれたシートになっているので間違えることはないと思いますが、1~3日目は0.5mgの錠剤を1日1回だけ飲みます。4~7日目には0.5mgの錠剤を1日2回で飲み、8日目から本格的な禁煙を開始して1mgを1日2回で飲むようになります。禁煙の予定は12週間となっているので、それ以降の服用は無意味になりますし、禁煙外来ではそれ以降の治療は保険が適応されずに自己負担となってしまいます。その間の消費量としては165錠は必要となるので、個人輸入で購入した場合は1箱28錠入りのチャンピックスを5~6箱必要となります。最初の1箱は通常のものでは1mgの錠剤しか入っていないので、スターターパックを購入するようにしましょう。予定よりも早く禁煙が完了して、今後もタバコを吸うことはないなと思ったら、チャンピックスの服用を止めても問題はありませんし、毎日の消費を抑えて2日に1回だけの減薬でも大丈夫です。消費量が減ることで費用も軽くなるので、なるべく早い内にタバコから離れると良いでしょう。